顎関節症について

2018/3/1

食べ物を噛むと痛む、口を開けると「かく」と音が鳴るなど、感じたことはありませんか?

 

これらは顎関節症の症状の一つです。

 

顎関節症は20代~30代の女性に多く、男性の2倍女性の羅漢率が高いです。

程度が軽いものを含めると多くの方が発症しているのではないでしょうか?

 

原因としては顎にかかる日常での動作精神的ストレス

パソコンや携帯を使う際の前傾姿勢などの様々な要因があります。

また、生活が大きく変化する時期は歯をくいしばることにより顎への負担がかかることで症状が出ることもあります。

成長期だと歯並びに影響がでることも・・・

 

顎関節は微妙に入り組んだ形と複雑な機能があります。

特に頸椎の1番上の骨とは密接な関係があります。

頸椎が歪むことにより、顎周りの筋肉も緊張が強くなり開閉がしずらくなります。

 

顎関節症は比較的軽度なものは治療で症状が出にくくなります。

重いものですと、ほおっておくと症状が進行し顎の機能が破壊されてしまうこともあるので

出来る限り早い受診をお勧めします。

 

顎関節症である場合の自己管理として・・・

・やわらかい物を食べる(おかゆ うどん そば など)

・顔の筋肉をやわらかくする

・大きく口を開ける行為(あくびや長時間の歯の治療)を避ける

・うつ伏せで寝ない

・ほおずえをつかない

・ストレスをためない

 

特にほおずえは首にも関与するのでできれば治していただきたい癖の1つです。

なにか顎についてお困りの方がいましたら是非当院へご相談をどうぞ。

一覧に戻る

お問い合わせフォーム

TEL 022-397-7737
(お電話でもお気軽にご相談ください)

お名前必須
メールアドレス必須
お問い合わせ内容必須
   内容をご確認の上チェックを入れてください
 

診療時間・アクセス

診療時間
10:00~14:00
最終受付13:00
9:00~13:00
最終受付12:00
15:00~19:00
最終受付18:00
14:00~18:00
最終受付17:00

※当院は完全予約制となります。

外観
  • 休診日:水曜・日曜・祝日
  • 住所:〒980-0013仙台市青葉区花京院一丁目1-6 Ever-i仙台駅前7F
  • 電話番号:022-397-7737
  • 最寄駅:仙台駅 徒歩5分
  • 駐車場・駐輪場:無し
仙台実践カイロ研究会